バーチャルオフィスの料金比較を行うポイントについて

丸の内や大手町などのビジネス街、高級店が集まる銀座、大手の企業本社がある品川エリアなどは都心の中でも一等地と呼ばれているエリアです。 一等地にオフィスを構えるためには、膨大な金額の初期費用が必要になりますし、毎月の家賃となる固定費の支払い能力を持つ企業でなければオフィスを構える事は難しいエリアと言えましょう。 しかし、こうしたエリアの中でもバーチャルオフィスなら月額料金が数千円などの金額で利用が出来るようになります。 中には数百円などの金額で住所を貸してくれる会社もあるなどからも注目が集まっています。 事務所を既に所有している企業なども都心の一等地に拠点を設けておきたい時、設立に向けて都心の人気エリアで登記を行う時など様々なシーンで活用が出来ます。

郵便物や電話などは転送が行われます

バーチャルオフィスは立地条件が良く、しかも利用料が安いなどからも、利用する人が多くなっています。 住所だけを貸して貰いたい人もいますし、住所と電話番号の両者を利用したい人もいるので、サービスプランには住所のみや電話と住所をセットにしたプランを用意している会社が多くあります。 尚、住所や電話番号は普段ビジネスで活用しているものとは異なるので、相手先から送付された郵便物はどうなるのだろうか、事務所は神奈川県にあるけれど、電話は東京の局番に掛かるので電話はどうなるのだろうかなど疑問に感じる人も多いと言えましょう。 オフィスに届いた郵便物は手元に転送が行われますし、電話についても携帯電話や固定電話など契約時に決めた番号に転送が行われるので安心して利用する事が可能です。

サービス内容をチェックしてから契約を結びましょう

電話転送や郵便物の転送サービスを利用出来るのもバーチャルオフィスの特徴です。 但し、こうしたサービスは基本料金に含まれているケースと別途料金が発生するケースがあります。 サービス内容をチェックせずに、月額料金が500円なので安くて便利などの理由で契約を結んでしまうと、郵便物が多い場合や電話が入る頻度が多い場合など、月末の請求金額を見て驚くなどのトラブルを招いてしまう恐れもあります。 サービスを提供している会社の中には郵便物の転送費用を基本料金に含めているケースや1か月間の転送費用は30通までは無料で、これを超えた時には1通当たり幾らかの転送費用を別途必要とするケースがあります。 サービス内容の確認は重要な作業であり、月額費用だけで決めないようにするのが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加